FC2ブログ

ジョルディの日記

Windows Linuxに関する tips を書いたり書かなかったり

HOMEスポンサー広告スポンサーサイト
スポンサー広告│posted at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOMEtips/linuxx86_64 な Fedora Core で ndiswrapper 其の二
◆2006.03.18(土)◆
tips/linux│posted at 00:00:00
スレッド:UNIX/Linux  ジャンル:コンピュータ
今回は ndiswrapper をソースからコンパイルします。
Livna レポジトリを使えば yum で管理することも可能なのですが、Livna は FC5 の
カーネルの更新にまでは追随してくれないので、自力でいきます。

まず、ndiswrapper の公式サイト からソースを拾ってきます。
現時点での最新版は 1.11 rc2 なので、これを使うことにします。

# tar xvzf ndiswrapper-1.11rc2.tar.gz 
# cd ndiswrapper-1.11rc2
# make distclean
# make
# make install
# ndiswrapper -i ./lanWindowsDriver/netbc564.inf
  ※ netbc564.inf は其の一で紹介した Windows 用のドライバです。
# ndiswrapper -l
Installed drivers:
netbc564     driver installed, hardware present 
  ※ こんな感じの表示になればいいです。
# modprobe ndiswrapper
# depmod -a
  ※ これでエラーメッセージが出なければ OK


最後に iwconfig を実行して wlan0 が見えていることを確認します。
なお、この状態では ESSID も WEP も設定されていないため、無線LANは
つながらないかと思います。

次回、其の三ではそのあたりの説明をします。
スポンサーサイト

コメントを書く

* コメントを編集・削除する場合には、暗証番号の入力が必要です。
* 「秘密」にチェックを入れると管理者のみ内容を読めますが、編集・削除はできません。

:
:
:
:
:
:  削除や編集のときに必要です。
:  管理者にだけが読むことができるようにします。

コメント♪

トラックバックURL・リンクURL

* TB用のURLとテキストリンク用のタグです。必要に応じてお使いください。

トラックバックURL

リンクタグ

トラックバック♪

時間ねぇー

プロフィール

チェザーレ

Author:チェザーレ


Google

リンク


 copyright © 2006-2008 ジョルディの日記 All Rights Reserved.
 Template Desain by bluenight.  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。